整形外科

症例2:犬のレッグ・ペルテス病

病気・疾患について

大腿骨頭無菌性壊死病(レッグ・ペルテス病)は、トイプードルなどの小型犬や、テリア犬種に多く見られます。主に血行障害が原因とされています。

症例と治療について

本症例では、まず座っていることが多く、全体的に覇気がない気がすることに飼主様が気になっていました。
性格の問題だと思っていたのですが、当院での一般診療での検診で股関節の痛みが見つかり、改めて当院専門科の整形外科を受診いただきました。
そこで触診やレントゲン検査を実施した結果、大腿骨頭無菌性壊死病(レッグ・ペルテス病)と診断されました。治療のための手術では患肢の大腿骨頭を切除し、痛みの原因を除き機能回復を目指すことになりました。

結果とまとめ

この治療に対して、術後は、整形外科担当医より自宅でできる簡単なリハビリ指導を行います。本症例では、ご自宅でもリハビリを続けて頂いた結果、術後約2か月という短期間で、股関節が周りの筋肉で安定化され(偽関節)、スムーズに歩けるようになりました。
※リハビリに必要な期間には個体差がありますが、早期発見・早期治療により、患肢の運動機能が早期に回復し、リハビリの負担も軽減される傾向があります。

飼い主様からの声

ほうっておくとどうなるの?

他の症例についてはこちら

歯科

準備中です