歯科

  • 一般外来
  • 予防外来
  • 入院

  • 腫瘍科
  • 皮膚科
  • 整形外科・リハビリテーション科
  • 歯科
  • 眼科
  • 循環器科
「歯の健康」=「全身の健康」子どもの時期からのメンテナンスが大切です

歯科の診察は一般外来にて承ります。また、月に一度、アメリカ獣医歯科口腔外科認定医の資格を持つ歯科口腔外科専門獣医師の診療時間を設けております(※)。

※歯科・口腔外科の治療は一般臨床医との連携のもと、定期的な診察やケアを必要とするため、専門医による診療は当院がかかりつけの患者様に限らせていただいております。予めご了承ください。

ワンちゃんやネコちゃんにも人間と同様、
歯周炎など歯の病気があります

歯の健康状態は、実は全身の臓器と密接に関わることがわかってきています。ワンちゃん、ネコちゃんの口腔内疾患で最も多いのは歯周炎です。歯周炎が他の臓器の病気の原因となることもあり、「たかが歯」と侮ることはできません。

歯周炎は、全身の病気の中で最も多く発症する病気口臭がする=歯周炎?と思ってください

2歳以上のワンちゃん、ネコちゃんの70%以上が歯周炎を発症しているといわれ、他のどんな部位の病気よりもかかりやすい病気といわれています。
歯周炎は感染症です。歯の表面に付いた歯垢中の細菌が原因で、歯ぐきに炎症がおきます。そして、歯根を支える歯周靱帯、顎の骨が溶かされます。歯垢は歯の表面にべとべととついています。口の臭いは、歯垢の中の細菌が作るガスによるものです。
歯垢の細菌は、お口の中だけにとどまらず、炎症を起こした歯ぐきや骨から血液中に入り体中に広がっていきます。心臓、肝臓、腎臓、神経など全身で炎症を起こし色々な病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。
ワンちゃんネコちゃんに少しでも長く健康でいてもらうため、子どもの時期から、自宅でのホームケアと共に、病院での定期的なデンタルチェックを行うことをオススメします。

当院の歯科診療について

歯周病予防のためのスケーリング(歯垢や歯石の除去)、ポリッシング(歯の表面を磨き滑らかにする)などの口腔内のケアや治療について、当院では歯科技術を有する獣医師が責任を持って対応させていただきます。

また、飼い主様が自宅でできる歯磨き指導などのホームケアの指導をさせていただくとともに、そのときどきで必要に応じた治療のご提案をさせていただきます。

歯周病予防のためのスケーリング、ポリッシングなどを含む口腔内のケアや治療は医療行為です。現在、獣医師の資格のない人間による治療行為や無麻酔での歯石取りによる弊害が大きな問題となっています。
詳しくは下記リンクをご参照ください。
日本小動物歯科研究会HP
(無麻酔下での歯垢・歯石除去、歯科医師の考え)