私たちがワンちゃんネコちゃんそしてご家族のためにできること

  • 予防と健康管理
  • 日常のケア
  • 避妊・去勢・一般手術
  • 先進医療

先進医療(随時更新中)

  • ともにがんと闘う
  • 失われた機能を取り戻す
  • メスを入れずに「通す」処置
  • 見えないものを「診る」技術
  • 全ては安心・安全のために
  • 先進医療へのあくなき探求

全ては安心・安全のために〜手術後から回復への配慮〜

外科手術は、出血や手術の長時間化による身体への影響などのリスクを、
いかに軽減するかが非常に重要です。

そのために、手術中の止血処置をすばやく、且つ確実に行うことが、
リスク軽減の大きなカギとなります。

当院ではそのために、電気や超音波の力で機械的に止血処置を行うことのできる医療機器を、早くから複数導入し、それぞれを最適に活用することで、迅速で確実な処置を可能にしています。

手術における「安心・安全」は、そんな技術や経験の積み重ねから生まれるのです。

当院の先進医療機器の紹介

手術における止血方法は、糸で血管をしばるという方法が古くから用いられてきました。しかしこの方法は、術者の熟練度によっては血管を適切に処理できない場合があること、処理する血管の数が多いと時間がかかるために手術時間そのものが長くなってしまうこと、また体の中に糸という異物を残してしまい、のちに好ましくない生体反応を生じる可能性があること等、様々な欠点がありました。


このような欠点を克服するため、糸を使わずに電気や超音波の力で機械的に止血処置を行うことのできる医療機器が開発されています。


当院ではこのような機器を動物病院としては他に先駆けて導入し、また順次機器を追加してきました。

機器の名称 特徴
リガシュアー 直径7㎜までの血管を癒合させて止血します
ソノサージ・オートソニック 超音波で凝固と切開を同時に行います
ソノペット(キューサー) 超音波で破砕(乳化)と吸引を同時に行います
血管や神経は破壊されません
ライトサージ(半導体レーザー) レーザーで凝固と切開を同時に行います

リガシュアー


ソノペット(キューサー)

いずれの機器も止血を迅速かつ確実に行うことができ、体の中に糸などの異物を残さない、使用する人間の技量に関わらず常に安定した止血効果が得られるという利点があります。また結果として手術時間全体が短縮されるため、回復も早いという大きな効果が得られます。


当院ではこれらの機器導入の先駆者としての優位性を活かし、それぞれ特徴が異なるこれらの機器を、手術の内容や止血する部位の違い、患部の状況などに応じて、使い分けながら手術を行っています。そうすることで、機器の優位性を最大限引き出し、より「安全で安心」な技術を提供することが可能となります。

ページの先頭へ
症例1 脾臓腫瘍や乳腺腫瘍など血管が非常に多い腫瘍

犬の脾臓の血管は何本にも分岐した動脈と静脈があり、脾臓にできた腫瘍を取り除くためにはこれらの血管をすべて止血しなければなりません。糸で止血する場合、1本の血管に対して3か所しばる必要があり、血管が多いときは20か所以上の結紮処置が必要です。


当院ではこれら血管の止血に「リガシュア」を用いて手術時間を大幅に短縮し、動物の負担を軽減しています。


また、乳腺腫瘍の摘出手術の場合、術部周辺は、乳腺に分布する血管や皮膚の微小な血管が多く、出血リスクが高いため、止血処置が重要になります。これまでは電気メスの止血機能や糸を用いて止血していましたが、当院では超音波メス「ソノサージ」を用いて確実な止血と切開を同時に行います。そのため、全く出血のない手術も可能になりました。

イメージ図 糸で止血する場合 リガシュアの場合 手術全体で約30分程度時間短縮が可能に!! メリット 手術中の出血をより最小限に 術者の習熟度に左右されない確実な止血処置が可能に 手術時間(麻酔時間)の短縮が、身体への影響の軽減につながる

症例2 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの手術では最初に脊髄神経の部分まで脊椎骨を削っていきますが、骨を削る機器によっては脊髄神経を傷つけてしまう恐れがあります。当院ではソノペット(キューサー)を用いて超音波で骨を削りながら、大切な神経を傷つけることなく、安全な手術が行えます。


またソノペットを用いると、骨を削る・止血する・削った部分を洗浄する・洗浄した液体を吸引するという一連の作業が同時に行われます。このため、手術時間も大きく短縮されるというメリットも得られます。

イメージ図 脊椎の中では血管や神経がいっぱい!!
メリット 超音波を用いて・・・ 大切な脊髄神経を
守りながら硬い骨だけを破砕・吸引 止血や洗浄も同時に行える