東京動物医療センター INFORMATION

おしっこどうやって持っていけばいいの?~猫ちゃんのトイレ編~

  • 2017/10/16(月) 03:06
  • スタッフより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
お久しぶりです\(^o^)/看護師の山田です♪

秋の健診が始まりました!
今回からわんちゃんねこちゃんのどのコースにも尿検査が含まれています。
おしっこってどうやって採るの?どうやって持っていけばいいの?どのくらい必要なの?
といったお声をたくさんいただいたので、まず今回は猫ちゃんのおすすめトイレを紹介したいと思います!

院内で使っているのはこちら!
「ニャンとも清潔トイレ」です!

DSC_3052

 

DSC_3054

ご存知の方もいらっしゃいますでしょうか…??
写真を見てもらうとお分かりになると思いますが、トレイが二層式になっています。
本来は、下のトレイにペットシーツを敷いて使用しますが、
ペットシーツで吸い取ったおしっこは検査することが出来ません!!
お家でおしっこを採る際は、ペットシーツを敷かずに、猫ちゃんがおしっこするのを待ちましょう…。
この時、上のトレイに入れる猫砂も出来るだけ少なくするか、もしくは「ニャンとも清潔トイレ」付属のチップを敷いておけば、おしっこが猫砂に吸われて固まる心配もいりません。

さぁ…おしっこをしましたね!?
下のトレイにおしっこが溜まっているかと思います。
清潔な容器に移し替えて病院に持っていきましょう!
検査に必要なおしっこの量は基本的に1~2mlですが、
ほんの少しでも一部の検査は可能なので、これだけしか採れなかったから持って行かずに病院に行こう…(T_T)
とならずに、まずは病院にお持ちいただけたらと思います。

他にも、おしっこしている最中におたまで採取する方法、トイレ砂の上に一部ラップなどを敷いて採取する方法、
ペットシーツを裏にして採取する方法、様々ありますので、スタッフまでお問い合わせ下さい。
また、清潔な容器やスポイドは院内でお渡し可能ですので、遠慮なくお申し付け下さい♪

どうでしたか?
特に冬場は猫ちゃんの下部尿路疾患になりやすい時期と言えます。
おしっこ検査を定期的に出来る様に、お家でのおしっこを採る方法を覚えておくのも大切ですよ♪